精密機器の搬入・据付 4つの柱 作業の流れ 輸送エリア
 
重量物・精密機器の輸送・搬入・据付の作業の流れ
時には10トンもの精密機器を高所にあげて搬入するケースもあります。作業の正確な段取りとともに入念な安全確認を決して怠りません。なお当社では搬入・据付の際に使う機材を豊富な経験に基づいて自社改良し、作業効率のアップと安全の絶対的な確保を常に図っています。
1 作業内容確認
作業前ミーティングを行い、搬入経路、設置場所、注意事項の確認を行います。

作業の流れ次へ
2 搬入準備(養生作業)
ステージ・スロープなどの作成、必要機材を搬入します。
床・壁等に傷がつかないよう、養生を行います。

作業の流れ次へ
3 荷卸
車種により、ゲート、フォークリフト、ユニック、クレーンなどにより、製品を荷台から卸します。

作業の流れ次へ

▲このページの上部へ戻る

4 搬入作業
建物内に搬入し、設置場所まで製品を運搬します。床・壁等に傷がつかないよう、細心の注意を払いながら運搬をします。

作業の流れ次へ
5 設置
お客様の指示に従い、製品の設置を行います。

作業の流れ次へ
6 片付け
器材を撤収し、きれいに掃除を行います。

作業の流れ次へ

▲このページの上部へ戻る

7 最終確認
お客様と最終確認を行い、作業終了です。

作業の流れ次へ
8 作業完了
全ての作業が完了致しました。
またのご依頼をおまちしております。
 
作業の流れ 機材もカスタマイズ
いかなる現場でも対応可能。熟練のスタッフによる対応力の高さが当社の強みです。 作業を効率よく安全に行う為に機材もカスタマイズする事もあります。
 
お気軽にお問い合わせください!

▲このページの上部へ戻る